「だいせんじがけだらなよさ」。たったこれだけの言葉で、たくさん描けます。