井伏鱒二の『さよならだけが人生だ』の言葉を若者にもわかりやすいおまじない、「だいせんじがけだらなよさ」として歌わせたのは、かの寺山修司でした。