達弥西心の本音が伝わるようにと願いながら、こんな形の伝え方もあっていいかなと思いながら、あちこちミスをしながらも果敢に突っ込み切った最後のライブ、「put置いとくよ」です。