作詞作曲井上陽水のこの歌、こんなに短い歌なのに、同じメロディーの繰り返しなのに、こんなに伝わる歌というものは素晴らしいと思います。