風に吹かれていたら
あなたのことを思い出した
今頃どうしているだろう

自分を守るために
哀しいウソをくり返す
風のうわさに聞いたけれど

別れはいつも必然だから
出会った者の宿命だから
醜くしないで汚さないで
言い訳しないで責めないで
涙ポロポロこぼれても
粋で美しい別れを誓おう

ここは北国の町
あなたの知らない雪が降る
白く柔らかく降りつもる

「あなたが選んだ道は、決して
間違ってはいなかった。
今でもそう思っています。
ただ、あなたの正しさと、私の正しさが、
同じではなかった。それだけのことです。
 この世の旅は、哀しいものです。
哀しいけれど、自分の足で歩いて行く旅なのです。」

別れはいつも必然だから
出会った者の宿命だから
醜くしないで汚さないで
言い訳しないで責めないで
涙ポロポロこぼれても
粋で美しい別れを誓おう

西に向かって走る
電車の窓のはるか遠く
今頃どうしているだろう

風に吹かれていたら
あなたのことを思い出した
今頃どうしているだろう


HMU 達弥西心