人は生きていけばいくほど別れていきます。

私の歌のほとんどは、別れの歌です。生きていけばいくほど別れてきたからです。

生身の私が感じた通りにかいた歌だからです。
人との別れ、街との別れ、時代との別れ、流行との別れ、考え方との別れ。いろんな別れがありました。

寂しくても、哀しくても、それが生きるということです。

別れて、それからどうなるのでしょう。

出会うのです。新しい出会いが待っているのです。次々に変化していくのが法則です。


HMU 達弥西心